どのように機能するのか?

基本となる考えはとても単純です。山の頂上に ⇨

これ、私の飛行地点に欲しいです!

電子機器(組立、試験済みのもの)、ケース及び ⇨

ハードウェア

.

マニュアル・便覧

現在の天気情報

伐株山 (大分県)

耳納山 (福岡県)

あじゃら山 (青森県)

琴平岳 (長崎県)

魚野山 (鹿児島県)

矢岳山 (鹿児島県)

雷山 (福岡県)

葛城山 (奈良県)

東葛城山 (奈良県)

OK牧場 (奈良県)

猿葉山 (長崎県)

  • 長崎フリーフライトはクラブの総会でインターネットの受信機の件が終了となりました。残念ですね。また、山の所へ携帯受信機で受信が出来ます。

寺山 (和歌山県)

龍門山 (和歌山県)

三頭山 (徳島県)

  • 10月予定、工事中です

水の丸山 (徳島県)

  • 10月予定、工事中です

高山 (徳島県)

  • 10月予定、工事中です

みかも山 (栃木県)

大平山 (栃木県)

北嶺山 (北海道)

雲母峰 (三重県)

中津峯 (徳島県)

倉岳 (熊本県)

神居山 (北海道)

USB-UART変換アダプター

結果やデバッグ情報を表示させるのに、お持ちのマイクロプロセッサにもっと大きなスクリーンが あったら・・・と思われたこと、何度もおありでしょう?解決方法は、こちらです。どんなピンでもよいので、 それをシリアル出力として使用します。PCに接続し、お好みの24インチモニターで結果をご覧ください!

これはとても便利なもので、私達はあらゆる場所で利用しています。たった2つのピン(GNDとTX)を ハンダ付けするだけで、端末出力が手に入ります。さらにもう1つ(+5V)ハンダ付けすると、今度は USB母線から電力供給されるボードをどうぞ(別の電力供給源は不必要)。また、(RX)をハンダ付けすると、 データファイルがアップロードできたり、どこでもお好きな場所にタイプすることができます。

USB-UART adapter

技術的詳細

こちらのアダプターは、FTDIのFT232RLチップが基礎になっています。

GND、+5V、そしてTX/RXの4つのピンしか発売されていませんが、たいていの場合はこちらで十分事足りるはずです。 また、ボードには、大変有用な3つのLED(発光ダイオード)が付属しています。POWER、TX、そしてRXです。ですから、 ボードの稼動状況、また、何かデータ交換があるかどうかを見ることができます。

ドライバー類

ドライバー類は、次の操作システムで可能です:

  • Windows Vista x64
  • Windows XP x64
  • Windows Server 2003 x64
  • Windows Vista
  • Windows XP
  • Windows Server 2003
  • Windows 2000
  • Windows ME
  • Windows 98
  • Linux
  • Mac OS X
  • Mac OS 9
  • Mac OS 8
  • Windows CE.NET (Version 4.2 and greater)

たいていの基本ソフトには、それらのドライバー類が既にインストールされています。そうでなかった場合でも、 ダウンロードすることができます。

プリント基板の回路図はダウンロードも出来ます。