どのように機能するのか?

基本となる考えはとても単純です。山の頂上に ⇨

これ、私の飛行地点に欲しいです!

電子機器(組立、試験済みのもの)、ケース及び ⇨

ハードウェア

.

マニュアル・便覧

現在の天気情報

伐株山 (大分県)

耳納山 (福岡県)

あじゃら山 (青森県)

琴平岳 (長崎県)

魚野山 (鹿児島県)

矢岳山 (鹿児島県)

雷山 (福岡県)

葛城山 (奈良県)

東葛城山 (奈良県)

OK牧場 (奈良県)

猿葉山 (長崎県)

  • 長崎フリーフライトはクラブの総会でインターネットの受信機の件が終了となりました。残念ですね。また、山の所へ携帯受信機で受信が出来ます。

寺山 (和歌山県)

龍門山 (和歌山県)

三頭山 (徳島県)

  • 10月予定、工事中です

水の丸山 (徳島県)

  • 10月予定、工事中です

高山 (徳島県)

  • 10月予定、工事中です

みかも山 (栃木県)

大平山 (栃木県)

北嶺山 (北海道)

雲母峰 (三重県)

中津峯 (徳島県)

倉岳 (熊本県)

神居山 (北海道)

当システムインストールの方法

気象観測所

私達は、電子機器(組立、試験済みのもの)、ケース及びケーブル類、バッテリー、太陽電池パネル、 それから、システムを支柱に取り付けるための、プラスチック及び金属製のストラップを提供いたします。

最適な地点を見つけ、支柱を設置する必要があります。支柱が、重さ(全部合わせて 約1.2~1.5キログラム)を支えるに足る強度があるかどうか確認してください。設置地点は、 太陽電池パネルのために、ある程度の日照があることが必須です。

weather station

通常私達は、4メートルの金属製支柱(直径25ミリ)のてっぺんにシステムを取り付けます。 これは十分な長さと強度を備えています。もし、ご希望の地域に強い風が吹いているなら、 ロープ等で支柱を固定するのがよいでしょう。

バッテリーを再充電しておくことと、全てを一緒につなげておくことを、どうぞ忘れないでくださいね。 気象観測所を設置したらすぐ、データ収集が始まり、ラジオリンクを通じてデータが送られていきます。

受信機

データ受信には、いくつかの選択肢があります。

LED付き受信機

LED panel receiver

LEDパネルは明るくて情報を読み取りやすいですし、消費電力が少ないです。車のシガレットライターから、 また、壁のコンセント差込口からも同様に充電できます。車の中でも、山頂の様子が誰にでも見ることができる クラブハウスの壁に取り付けても極めて便利です。

LCD付受信機

LCD panel receiver

これは、LCDスクリーン付き受信機の原型です。気象情報だけでなく、ステーション名や、 その他の情報も表示してくれました。壁のコンセント差込口からも、シガレットライターからと同様、 充電することができます。

この受信機は、山の名称と気温も表示します。しかしながら、ディスプレイのサイズがそれほど 大きくないため、離れた場所から読み取るのは難しいかもしれません。

インターネット接続機能付き受信機

internet receiver

この受信機はインターネット接続が可能で、受信したデータをこのウェブサイトにアップロード できます。機能性は、未定です。もうしばらくお待ちくださいね。

“自分でやってみよう”(日曜大工)

この箇所は、まだ完成していません。DYI部品と概略図は、もう少し後になる予定です。

DYI(“自分でやってみよう”)は、いくつかの部品を購入し、自分で全てを組み立てる必要がある、 という意味です。DYI版は、何を使おうと、どのように組み立てようと、全く自由です。ただ一点、 もしパラ天気のウェブサイトに自分のデータを載せたい場合は、インターネット接続が可能な私達の 標準型受信機を使用することをお薦めします。